HOME > 製造工程 > 剪断 成形 > 高周波部分焼鈍

製造工程

ボンデ処理装置

ショットブラスト
&ボンデ

ロータリードラム方式による無人化一貫ライン

ボンデ処理加工は冷間鍛造成形加工時の成形品と成形金型の摩擦抵抗を無くす為の潤滑被膜を付ける装置です。ロータリードラム方式により湯洗、脱脂、ショット、水洗、化成被膜処理、潤滑被膜処理の無人化一貫ラインを実現しております。ドラム方式により 薬品濃度の管理が容易であるのと、薬品劣化が少なく均一被膜が得られます。

設備詳細
  • 設備名
  • 台数
  • 備 考
  • ボンデ処理装置
  • 1基
  • 自動ドラム方式 (脱脂・ショットブラスト・化成皮膜・潤滑)
  • ショットブラスト
  • 1基
  • CNDllY  最大:550mm(40kg)最小:φ25以上  1バケット:1.2トン
製品加工
ボンデ品(プーリー)
ボンデ品(ローターコア)

製造工程